カジファブリック
jita.exblog.jp
<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ヴィヴィアンウエストウッド
日曜に現在開催中のヴィヴィアンウエストウッド展に行ってきた。

ヴィヴィアンウエストウッドの歴史を、今までのコレクションの服で綴るといった感じだったが、

ヴィヴィアンはもはや服じゃない、芸術だった。

色の使い方、合わせ方、立体感、裁断方法、などなどどれもこれも、

斬新かつ、計算尽くされていて、

「この服が30年前につくられたのかよ・・・。」と感心しきりでした。

服を見て鳥肌が立ったのは多分初めてだと思う。

興味がある人もない人も是非見に行って見て下さい。損はない。

見に行った後、自分もおしゃれしなきゃと鞭を入れられた気分になること間違いなし。



ただ・・・。このヴィヴィアン展、六本木ヒルズの森ビルで開催されてるんだよね。。。

俺は一人で行ってきたさ。ウォークマンガンガンに鳴らしてさ。

あんなに肩身が狭かったのは何年ぶりだろうか。
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-30 00:47
危ない話

最近映画にはまってて、結構借りてきて見てます。

煩雑な日常から抜け出せる唯一の時間でもあったりする。

家で見るなら邦画がいい。

字幕に集中して見るのは正直疲れます。


映画と同じく、ケーブルTVも結構見てて、

ライブやPVをHDDDVDプレーヤー(凄録やDIGAなど)に録画してため込んでます。

うちのプレーヤーはHDDが250GBなんだけど、意外とすぐになくなっちゃって、

DVDに焼こうと思ってDVD-Rを買ってきたら、焼けねー。

何度やっても焼けねー。

調べてみたらケーブルTVも既にデジタル化(BSデジタル放送と一緒)していて、

デジタル放送は録画するときにコピーガードがかかり、

規定のDVD-RWにしか焼けないらしい。

しかもDVDに焼くとHDD内のデータは自動的に消えてしまう・・・。

その上、焼いたDVDもパソコンやPS2で再生できない・・・・。

試しに家中のDVDプレーヤーで再生を試みるも、1台も再生できず。

なんだそりゃ。ふざけんな。

ビデオだってどんなデッキでも再生できるぞ。

今まで何のために映像を集めてきたのかわからん。

マジ途方に暮れました。。。。



でもここからが本題。

伊達にタイトルが「危ない話」ではない。

実はコピーガードがかかった映像をDVD-RWはおろかDVD-Rにすら焼くことが出来、

さらに普通のアナログ放送(地上波の番組)と同じようにDVDに焼くことが出来るようになる

機械があることを知った。



※ちょっとおさらい&補足
ケーブルTVと普通の地上波の放送は放送のシステムが異なっていて、
前者はデジタル形式、後者はアナログ形式と呼ばれている。
何年後かに完了する地上波デジタル放送化は、現在アナログ形式の地上波を、
全てデジタル形式化することを言う。
デジタル放送ではTVの情報以外に+αの付加情報を付けることが出来る。
それは例えば、番組表や番組内容などを付け加えるようになる(一部既になっている)。
そして忌むべきコピーガードも付加情報として添付され、
DVD、HDD等のデジタル機器に録画した番組はそこからさらに同もしくは
他の媒体に複製する2世代録画ができなくなっている。
このコピーガードの機能のことを「Content Protection for Recordable Media」といい、
一般にCPRMと略され使われている。
早く言えば映像版CCCD。



自分としてはケーブルTVが普通のDVDに焼けるようになれば十分なのだけれど、

それだけでなく、レンタルDVDもダビングできるようになってしまうそうだ。

その機械はCPRMを外すことが出来るものなので、

ケーブルTVの出力と録画用DVD(HDD)プレーヤーの間や、

再生用のDVDプレーヤーと録画用DVD(HDD)プレーヤーの間に設置することにより、

ケーブルTVだけでなく、同様にCPRMが使われているレンタルDVDも、ダビングできてしまう。

録画先がHDDプレーヤーなら自宅に映画図書館を作ることも出来てしまう。

すげー!と思いませんか?

その機械自体は映像を綺麗にするためのもので、別に違法でもないし、

そこらの量販店でも売ってるそうな。

レンタルDVDを複製するのはどうかと思うけど、

たかだかケーブルTVの番組をDVDにして残すくらいならば俺はいいと思う。

それ以前にケーブルTVの番組なんかにガードを付けるな!と言いたい。


以上!
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-26 22:52 | 戯言
CD買う
CD買った。

サニーディサービスのベスト。

「Best Sky」

いまさらとは言わせない。

こんなやさしい歌を書ける人はそう滅多にいない。

10年前の曲なんかザラなのに、

でもなんでこんなに響いてくるんだろう。


一緒にフランツフェルデナントの新譜も買う。

1000円だった。

まだ聞いてない。

あんまり期待はしていない。

ただ、ジャケットは結構好き。



初めて迷彩のズボンを買う。

思いのほか似合ってなくて凹む。

まぁ安かったからいいか。。。
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-20 00:16
名前をつけてやる!
久々の更新です。

別に書くことがなかった訳でも、書く時間がなかった訳でもないけど、

学園祭以来パソコンに触れるのが億劫になりました。

多分学祭前2週間で1年分くらいパソコンに触ったと思う。

パソコンしすぎで腱鞘炎やら腰痛やらになりかけて、もう散々だった。

やっぱり何事もほどほどが一番。



いまさらながら少し自分のことを話すと、

僕は昔から詩や俳句を書いたり、あだ名を付けるが好きだった。

早く言えば言葉遊びが好きだった。そしてそれは今も変わらない。

(高校の時には学校が編纂する文芸誌に詩を5本応募し、全てが最終選考まで残った。
一人1作しか載せられないという規定がなければ何本か載っていたらしい。)

詩はそのときの感情に左右されるため、いつも書けるわけではないが、

暇さえあれば、僕の命題である、

「くさくなくて、人を感動させることのできる言葉」

を考えている。もちろんシチュエーション別で。

くさくないというのは、早く言えばかっこつけたり難しくない、

ごくごく簡単な言葉ってことです。

簡単な文字の羅列だけで人を感動させることはとても難しいことだけれど、

簡単な言葉ゆえに心に響き、そして余韻が続くものだと確信しています。

そしてそれこそが端的でありつつ心に残るキャッチフレーズの神髄ではないでしょうか?


今日のトリビアの種でコピーライターたちが、

「失恋中の女友達を慰めつつ、自分に気を持たせるメール」

というのを考えていた。

プロたちの考え出したメールがこれ、


「件名 : おーい
 本文 ここにいるよ」


うーん。これが最高の答えかどうかは分からないけれど、

簡単な言葉で端的でありつつ、いろいろな状況を考えさせるメールだと思う。

句読点を入れないのも作戦のうちらしい。なかなか奥が深い。

面白いっす。



俺もまた詩やら物語やらつくろうかな。

やっぱり、何かを創るということは何事にも換えがたい喜びを味わうことのできる最高の行為です。

まあ、まずはキャッチコピーでもやってみようかな。

日記&バトン形式でいろんな人の考えたキャッチコピーを毎日発表しあうと面白いと思うんだけど、

みんな挑戦してくれるか?

遠藤はやってくれるよな?

ボタ&アキタカは強制で!くさい一発期待してます。

他にもこのブログ見た人は誰でも挑戦してみてください!

んじゃ、とりあえず今日の問題。サッカーアンゴラ戦つながりで、



・来年行われるワールドカップドイツ大会の、TV視聴率をあげるためのキャッチコピーを考えなさい。またその補足や自分が意図したことなどの説明も付けてください。



一応俺の例、


「日本人がナポレオンになる年」

説明:試合が日本時間の夜中に行われることから睡眠時間が削られ、

平均睡眠時間3時間だったナポレオンのようになること。

また、ヨーロッパを制圧したナポレオンの業績にも掛け、

日本がヨーロッパの強豪国を倒すという意味も付けてみました。

ただ、ちょっと分かりにくいかもしれない。


まあこんな感じで。

じゃあ、みんなで考えよう!
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-16 23:24 | 戯言
勝手にしやがれ!
制作の忙しい日々も終わり、

次第にもとの生活に戻りつつあります。

ただ、今までが忙しかった分、なんか気の抜けたような、

どこかまだうわの空って感じです。


そういえば、昨日久しぶりに映画を見た。

本当に久しぶり。しかもテレビ。

「スウィングガールズ」

まんま、ウォーターボーイズだった。

監督が同じだから当然と言えば当然なんだけど。

でも、田舎の高校生の元気ハツラツとした姿が新鮮で、

期待していなかったぶんとても楽しめた。

癒された。

なぜか、ああいうベタな青春物見ると泣きたくなる。

ああいう映画はやっぱり分かりやすいほうがいい。


んで、スウィングジャズ繋がりで、

今更ながらはまっている曲があります。

「勝手にしやがれ」の『ラグタイム』って曲。

ラグタイムが曲名で、

勝手にしやがれがバンド名なのでお間違えなく。

ギャラリーフェイクっていうアニメの主題歌で使われてた曲なんだけど、

めちゃくちゃかっこいい。

分類しづらいんだけど、パンクジャズって感じでしょうか。

メンバーはみんなおっちゃんです。

でも渋い。

そしてノリノリ。

本当にかっこいいんで是非聞いてみてください。
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-06 23:00 | 音楽
終わった。
映画の上映が終わりました。
友達やら、一般のお客さんやら、
見に来てくださった方々、
本当に感謝感謝です。

初の映画製作(つーかビデオカメラ自体初めて)で、
分からないことや、表現し切れなかった部分、
技術不足ゆえの妥協等、完全に納得できる作品を作れた
とは思っていないけど、そんなマイナスファクターを
プラスにしてくれるくらいの熱演を演じてくれたキャスト、
そして撮影で煮詰まった時に的確なアドバイスを
くれたスタッフにお礼を言いたい。

本当にありがとう。

最初は思い出作りくらいの軽い気持ちで始めたけど、
だんだん、作品に愛着がわいてきて、
最後には一人でも多くの人に見てもらいたいと思っていました。
今作は、この後多少手直しをして終了だけど、
いつかまた、近いうちに新たに作りたい。
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-04 01:31
始まった。
学祭が始まり、

映画の上映も始まった。

いや、始まるかにみえたが、

直前でアクシデント発生。

ショートムービー3作流す予定だったけど、

そのうちの1作がトラブルで消失。

完成品を上演することが出来なかった。

でも、何人かの友人達が今日見に来てくれていたので、

未完成品ながら上演させていただきました。


中途半端なものになってしまったけど、

見に来てくれた、相原、柴田、正哉、

本当にありがとう。

この場を借りて礼を言いたい。


明日、明後日も上演するので、

お暇な方は是非四ッ谷まで見に来てください。
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-01 23:10