人気ブログランキング |
カジファブリック
jita.exblog.jp
<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
雑多。
久々に詩を書いてみた。

あえて1人称のみで書いてみました。

こういう書き方も面白いかも。

内容は男なら多分誰にでも一度はあることです。

甘酸っぱく、それでいてほろ苦い感じ。
by live-is-my-life | 2005-09-29 01:17
ジャージ
去年よりも幾分か早い

肌寒い秋日の到来に

今年もまた眠りまなこのジャージにおはようを告げる。

鼻下まであるジッパーを閉めきると

僕の肩は自然と丸みを増して、

まるでマフラーを忘れた冬の日。


北風強く吹く日の記憶

突き刺す寒さに身をさらし

いつも10分先に着いて、

身を縮ませて待ったいつかの日々。

クリスマスの次くらいに待つことが楽しかった。


「大丈夫だよ」って、

きまって僕は強がった。

ジャージからほんの少しでた指先が本音を言った。


MDウォークマンがスッポリ入る、

少しゆとりのあるポケットは

きっと、

地球上の何よりもやさしい暖かさにつつまれていた。
by live-is-my-life | 2005-09-29 01:04 | 憂き事
侍現る。
載せるか否か迷ったけど、

迷うなら動けという信念の元、

載せてしまいます。



d0004288_1151461.jpg




映画の出演者。

武士、いや関羽・夏候惇・張遼ラインと言うべきか・・・。

彼が気になる方は、是非是非映画を見に来てください。
by live-is-my-life | 2005-09-21 01:19 | 戯言
BIRDMAN
昨日、鳥人間が放送されていた。

実は、とても好き。

4年くらい連続で見てる。

去年は台風の影響で中止になってしまったので、

2年ぶりの楽しみでした。

結果は、まぁ、どうでもいいとして、

まず、あの青春っぷりが好き。

理系の汗くささ。なぜか言葉遣いがうっとうしい。

「自分に勝つことが出来なかった・・・。」とか平気で言ってしまう辺り。

応援も、やけに男臭い。まるで母校(男子校)の高校野球の応援を見ているよう。

なぜ、お前等は裸になる。そして、なぜそんなに白いんだとつっこむとこ満載。

でもそんなノリはストレートに感情を表現していてグッとくるものがあり、結構好きです。

理系の2大イベントのもう一方、「ロボコン」もこんな感じ。


鳥人間のもう一つの魅力は、

1年間、みんなで協力して造り上げてきた機体が、

一瞬にして琵琶湖に浮かぶゴミとなる儚さ。

『只今の記録、15メートル』

無情に流れるアナウンスと回収作業。

飛び立つこともできず、羽が折れ、墜ちていく。

そこには悲しむ間もなく、茫然と立ちつくす仲間達。

疎開から帰ってきて、目の前に広がるゴーストタウンを見たような表情に

何とも言えない美学を見いだしてしまう。

「嗚呼、無常。」


イカロスもダビンチも人が空を飛ぶことを考えていた。

そして今も同じ意思、目的を持った人達が、

自分自身の力で、鳥達のように大空を羽ばたきたいと夢見ている。

これがロマンていうものなのだろうな。
by live-is-my-life | 2005-09-21 00:13
やばい!かっこいい!やばい!
ロンドンにziad ghanemっていうブランドがあるんだけど、

そこの今期の秋冬物が目茶苦茶かっこいい。

ただ、売ってるところがなくて買えそうもない。

メジャーなブランドじゃないから日本に入ってくる絶対数自体少ないだろうし、

どこで売ってるのかもよく分からない。

ただ、ここの服は本当にカッコいいです。

今期だけじゃなく、今までも。

細密画のラバープリントが特徴で、

派手だけど、嫌味じゃない感じ。

たとえば、

d0004288_23384011.jpg


こんなんです。

全面プリント好きにはたまらない逸品です。
by live-is-my-life | 2005-09-18 23:40
血に染まった空、海に続く星々
午後5時過ぎ、

窓を開けると、

大海にしぶきをあげる、

荒れた波。

時に静かに、時に激しく、

何もかも洗い流してくれる。

地平線の彼方に沈む、

灼けた光の塊は、

灯台も僕も

全ての存在を焼き尽くした。

全ては影となり、

明くることのない漆黒の海となり、

全ては塵となり、

偏西風と共に舞い、

いつまでも輝き続ける星となった。
d0004288_1422511.jpg

by live-is-my-life | 2005-09-17 01:30
抵当権
優先弁済的効力。

債権者が他の債権者より優先的に担保物権を得ることができる力。


法律の世界では、何事も他人より早く対抗(主張)した人間が利益を得る。

常識であるはずなのに常識が通用しない不思議な世界。

多分、人が道徳的な心を持ち合わせているのを前提に作られているんだと思う。
by live-is-my-life | 2005-09-17 01:17
流鏑馬 at 鶴岡八幡宮
西芳寺が行ってみたくて仕方ない。

別名苔寺。

エメラルドグリーンの苔に覆われた庭園。

美しすぎる。。。

でも、このお寺、簡単には拝観できない。

前もって往復はがきで拝観の予約をしなければならない。

しかも拝観料(西芳寺では志穂料と呼ぶ。)3000円。

いくらなんでも高すぎる。

一回は行きたいけど、リピートできるかな・・・。


ちょっと京都のお寺の拝観料のことを調べてみたら、

意外な事実を発見。

ほとんどのお寺が拝観料を取っているのに対し、

神社はどこも無料!有料なところ2カ所くらい。

これって結構な発見だと思うんだけどな。。。

確かに神社って京都に限らずお金を払った記憶がない。

多分この差は、お寺には手入れの行き届いた庭園があるからなのだろうけど。

神社は「社」という字の如く、神殿が主であって庭園があるところは滅多にない。

賽銭箱があるのも無料の理由のひとつかもしれない。

そういや、鶴岡八幡宮ですら無料だった。

あんなに有名で大きな神社なのに。

という繋ぎで、

実は今日9月16日は、鶴岡八幡宮で流鏑馬が行われる。

馬に乗りながら矢で的を射るやつ。

すげー偶然。

そしてすげー見てみたい。

中学・高校時はどうでもよかったけど、

今になって沢山の人が集まる訳が分かった気がする。
by live-is-my-life | 2005-09-16 00:57
人間動物園と人身売買
先月の暮れ、ロンドン動物園で人間を檻に入れ客に見てもらうという催しが行われた。
インターネットで募ったボランティア男女8人が4日間クマの檻の中で見られる側に回った。
その企画自体は人間の生態を探るという目的の元に行われたらしいが、
小生はそんな科学的なことよりも、道徳的なことについて深く考えてしまう。
道徳的なこととはもちろん「人間を檻に入れる」ということではない。
動物園自体が道徳的なものであるか否かということです。

現代社会において世間一般の常識として「人身売買」は非人道的であり、
決して行ってはならない悪しきことであり禁忌であると定義されています。
誰がそれを非人道的なことと位置付けたかは知らないけれど、
もちろん人が人を支配するなんておかしな事だし、あってはならないことだと思う。
(人は生まれながらにして周囲の社会環境に支配されているけど〔貧富、言語、宗教etc...〕、
人に支配はされていないということ。)
では、なんで他の生物は売買も屠殺も許されているのか?

俺ははっきり言って動物園が嫌いです。
動物園は多種多様な動物を見る楽しさの前に、
動物園で生まれ、檻に入れられ人に見られ、そして動物園で死んでいく動物たちの姿が
目に浮かんでしまうから。
動物たちを檻に入れる権利は一体誰が持っているんだ?
檻に入れられ走ることを止めた百獣の王を見て何が楽しいんだ?
夏バテしたペンギンが自然の姿と言えるのか?
オナガドリの悲鳴に誰か気付いてやれないのか?
我が子を肩車をする父親、ランチボックスを持つ母親、動物園が自然と思いこむ無邪気な子供。作られた世界に作られた家族の記憶。


動物園の動物は飼育員の愛情を存分に受けて暮らしているかもしれない。
でも、それは試験官ベイビーとなんら変わりない。
温室だが、何も知らず、何も考えず死んでいく。
それが幸福か不幸かは分からない。
もし、野生であったなら天敵に喰われあっけない一生であったかもしれない。
温室は食べられる心配はない。餓死する心配もない。
ただ、作られた狭い世界で一生を終えるだけ。
一生が一度きりなら、俺は草原を駆け回りたい。


ちょっと脱線してしまった。
詩書くつもりはないんで軌道修正。

んで、なんで人間に他の動物を売買する権利があるのか。
はたして本当にそんな権利持っているのか?
動物園に限らず、ペットショップでも『血統書』付きの犬猫が高価で取り引きされている反面、
飼い主がわからない多くの野良犬が『処理』されている事実。
その半数以上が捨てられた犬だという。
罪の意識なく殺し、罪なく殺されている。

人間は生まれながらにして業『カルマ』を背負っているとブッダが言った。
人間は意識と論理的思考を持つが故、
生きるためには動植物を殺し、殺したという事実からは逃れる事はできない。
業は因果応報となる。
決して逃げられない業と向き合い、善を行い、輪廻転生し、良き報いを受けよと説いた。
そんなこと信じている人間なんていないと思うけど(書きたかっただけ)、
やっぱり俺は人間が全てをコントロールする世界はおかしいと思う。
人間が生きる、食べる目的以外のために動物を殺したり、売ったり、自由を奪ったり、
過度な保護をしたり、すみかを荒らしたり、数を増やしたり、減らしたり。

あなたが動物園に行くのならば、動物がもし野生だったらを想像してみてください。
檻の中の動物と想像上の野生の動物、どちらが明るく活発か考えてみて下さい。
俺なら悲しくて直視できない。


ああ、ちなみに水族館は好き。食べること考えてるから。
by live-is-my-life | 2005-09-14 01:43
面白CM
世界柔道見てるんだけど、
剣道をしていた人間からすると、
柔道はやはりスポーツだなと思ってしまう。
柔道ではなくJUDO。武道じゃない。
勝った後のガッツポーズとか、舞台の上で倒れこんだり、etc・・・。
武道では相手を敬う気持ちが大切にされているけど、
日本人ですら今の柔道家にはない思う。
嬉しい気持ちを抑え、相手に敬意を表すのが武道です。
悲しいことに日本人選手もその心がなくなってしまっている。

ちなみに剣道でガッツポーズをすると反則負けになり、
剣道がオリンピック競技にならないのは、
日本剣道協会がスポーツ化を危惧し、拒否しているからだという。

そんなスポーツ化してしまった柔道で、
一人、武道の心を守り続けている男がいます。
それは井上康生選手で、彼は勝っても決して嬉しさを表に出さず、
試合が終わり礼が済むまで決して笑いません。
派手な技と対照的な態度に無愛想と思う人も多いと思いますが、
そういう目で見ると武士道の権化に見えてくる・・・はず。


世界柔道でコニカミノルタのCMが流れてたんだけど、
激面白い。
全員ロナウジーニョのチームがサッカーの試合をするというCM。
キモい。キモい。
かなりの不快感を与えるけれど、人選は抜群。
あと、一見するとNIKEのCMだと思う。
コニカミノルタやるなー。
by live-is-my-life | 2005-09-10 00:56