カジファブリック
jita.exblog.jp
時代は馳浩!
プロレスラーで国会議員の馳浩が

北日本新聞で古典短歌と俳句のコラムを連載しているそうです。

↓アドレス

http://www.incl.ne.jp/hase/koten/koten.html


なかなかいい句をチョイスしてます。


「うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ」 良寛

「梅一輪 一輪ほどの あたたかさ」 服部嵐雪

「これがまあ つひの栖(すみか)か 雪五尺」 一茶

この三句は僕も大好きな句です。

上二つは写実の句なのに対し、一茶の句は抽象的で情緒的な暖かさのある句です。

いちいち説明する必要のない名句なので割愛しますが、

どの句も詠んだ後の余韻がすばらしいです。
[PR]
by live-is-my-life | 2006-03-20 23:24