カジファブリック
jita.exblog.jp
危ない話

最近映画にはまってて、結構借りてきて見てます。

煩雑な日常から抜け出せる唯一の時間でもあったりする。

家で見るなら邦画がいい。

字幕に集中して見るのは正直疲れます。


映画と同じく、ケーブルTVも結構見てて、

ライブやPVをHDDDVDプレーヤー(凄録やDIGAなど)に録画してため込んでます。

うちのプレーヤーはHDDが250GBなんだけど、意外とすぐになくなっちゃって、

DVDに焼こうと思ってDVD-Rを買ってきたら、焼けねー。

何度やっても焼けねー。

調べてみたらケーブルTVも既にデジタル化(BSデジタル放送と一緒)していて、

デジタル放送は録画するときにコピーガードがかかり、

規定のDVD-RWにしか焼けないらしい。

しかもDVDに焼くとHDD内のデータは自動的に消えてしまう・・・。

その上、焼いたDVDもパソコンやPS2で再生できない・・・・。

試しに家中のDVDプレーヤーで再生を試みるも、1台も再生できず。

なんだそりゃ。ふざけんな。

ビデオだってどんなデッキでも再生できるぞ。

今まで何のために映像を集めてきたのかわからん。

マジ途方に暮れました。。。。



でもここからが本題。

伊達にタイトルが「危ない話」ではない。

実はコピーガードがかかった映像をDVD-RWはおろかDVD-Rにすら焼くことが出来、

さらに普通のアナログ放送(地上波の番組)と同じようにDVDに焼くことが出来るようになる

機械があることを知った。



※ちょっとおさらい&補足
ケーブルTVと普通の地上波の放送は放送のシステムが異なっていて、
前者はデジタル形式、後者はアナログ形式と呼ばれている。
何年後かに完了する地上波デジタル放送化は、現在アナログ形式の地上波を、
全てデジタル形式化することを言う。
デジタル放送ではTVの情報以外に+αの付加情報を付けることが出来る。
それは例えば、番組表や番組内容などを付け加えるようになる(一部既になっている)。
そして忌むべきコピーガードも付加情報として添付され、
DVD、HDD等のデジタル機器に録画した番組はそこからさらに同もしくは
他の媒体に複製する2世代録画ができなくなっている。
このコピーガードの機能のことを「Content Protection for Recordable Media」といい、
一般にCPRMと略され使われている。
早く言えば映像版CCCD。



自分としてはケーブルTVが普通のDVDに焼けるようになれば十分なのだけれど、

それだけでなく、レンタルDVDもダビングできるようになってしまうそうだ。

その機械はCPRMを外すことが出来るものなので、

ケーブルTVの出力と録画用DVD(HDD)プレーヤーの間や、

再生用のDVDプレーヤーと録画用DVD(HDD)プレーヤーの間に設置することにより、

ケーブルTVだけでなく、同様にCPRMが使われているレンタルDVDも、ダビングできてしまう。

録画先がHDDプレーヤーなら自宅に映画図書館を作ることも出来てしまう。

すげー!と思いませんか?

その機械自体は映像を綺麗にするためのもので、別に違法でもないし、

そこらの量販店でも売ってるそうな。

レンタルDVDを複製するのはどうかと思うけど、

たかだかケーブルTVの番組をDVDにして残すくらいならば俺はいいと思う。

それ以前にケーブルTVの番組なんかにガードを付けるな!と言いたい。


以上!
[PR]
by live-is-my-life | 2005-11-26 22:52 | 戯言